« 今日の練習 | トップページ | 今日の練習 + APRS(VX-8G)-2 »

2012/05/26

今日の練習 + APRS

Jog10km

ようやく変更申請が通ったYAESU VX-8GAPRSビーコンを送信しながら走ってみました。ただ、500mWでは安定してI-Gate局で受信できなかったようで、飛び飛びの航跡になってしまいました。今度は、5W出力でやってみます。

Aprs20120526

|

« 今日の練習 | トップページ | 今日の練習 + APRS(VX-8G)-2 »

コメント

ここのところ西園で1000、400のインターバルをやっていますがまだカラダがついていけておらすず1本1本が苦しい展開です。もっと走り込みしてスタミナつけてからのほうがよさそうですね。

投稿: カディス | 2012/05/27 10:21

カディスさん、コメントありがとうございます!

インターバルは、それ自体、スタミナ練習ですので、週一回でしたら大丈夫だと思います。カディスさんの走り込み量でしたら、問題なしですよ!

インターバル練習の目的は、最大酸素摂取量を高めることです。スピードは、実力の80~90%で十分です。重要なのは、レスト(休み)の時間です。休みすぎず、呼吸が完全に戻らない(疲れが完全に回復しない)間にスタートする必要があります。慣れてくるとインターバル練習でも、そこそこのスピードになりますが、やはり速い人でも全力では走ってないです。

おすすめは、80~90%ペースで、レストを短く一定にです。速い人と走り、次のスタートに合わせる場合、必然、速い人よりレストを短くする事になります。短く一定間隔のレストはインターバル練習の効果を上げてくれます。(実は、速く走るよりレストを短くする方が強度:高です。)

ご参考までに!

投稿: A.Saitou | 2012/05/28 23:22

アドバイスありがとうございます。
学生時代もやっていましたが1本1本ほぼ全力で
やっていた記憶がありましたが
こういう考え方でいいですか?

①現在の実力の80~90%の力で反復練習
→ スタミナがつく → (X週~Xヶ月後)従来の①のスピードに対して余力が増える → ベストタイムがあがる → 従来の①のタイム設定をあげる 

なんていうイメージでしょうか。

投稿: カディス | 2012/05/29 08:32

中学・高校のときは、自分もカディスさん同様、全力で走っていました。当時を振り返ると、インターバルの設定ペースが、8~9割に収まっいる人は伸びます。しかし、スピード不足でついていけない人にとっては、きついだけの練習になっていたようでした。

大学の頃、ある先輩に「リティアードのランニングバイブル」をすすめられて読みました。インターバル関連の記述を読んで、何を目的としたトレーニングなのか、初めて理解しました。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/446926248X/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=asaitounotsub-22&link_code=as3&camp=767&creative=3999&creativeASIN=446926248X

> ①現在の実力の80~90%の力で反復練習
> → スタミナがつく
> → (X週~Xヶ月後)従来の①のスピードに対して余力が増える
> → ベストタイムがあがる
> → 従来の①のタイム設定をあげる
> なんていうイメージでしょうか。

 YESです。なお、タイム設定は各人の8~9割ペースですので、一定にならなくてもOKと思っています。それより、レスト時間を一定に保つようにコントロールする方が大切です。休みを取り過ぎると効果が落ちますので。

投稿: A.Saitou | 2012/05/30 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68306/54806451

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の練習 + APRS:

« 今日の練習 | トップページ | 今日の練習 + APRS(VX-8G)-2 »