« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月

2011/04/24

Debian 6 (squeeze) インストールできず

そろそろ,Debian 6 (squeeze)を試そうと,手元のAMD Duron(1.2GHz)なマシンにインストールを開始したところ,インストーラの起動途中で止まってしまい,インストールできませんでした.Debian 5 (lenny)からのアップグレードも試しましたが,新しいカーネルでは起動できませんでした.

2001年発売のCPUですから・・・,10年ほど前のマシンです.ここらで打ち止めみたいです.

※追記
FreeBSD R-8.2 も,インストーラが途中で止まってしまいました.古いOSで我慢するしかなさそうです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/10

電気のお話

下記の動画とても勉強になりました.個々のトピックは見聞きしているものでしたが,しかるべき道筋で話されるとこうも違うものかと感銘してます.特に3は必見と感じました.













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/09

Debian lenny と OMRON Simple Shutdown Software

4/7の地震と停電で今さらながらに悟りました.UPSでのサーバ-Debian lenny-の自動シャットダウンは必須であると.

手元のUPSはOMRON社製で,同社のLinux用シャットダウンソフトSimple Shutdown Softwareが利用できます.ただ,これはCentOS用なので,使っていませんでした.また,あまりUSB接続を信用していなかったのもあります.

今回,そんなことを言っていられませんから,同ソフト付属マニュアルの「CentOS 以外のディストリビューションで使用する場合」の項を読みながら,その通り※に実行しました.そして,あっさりUSB接続でUPSが認識され,エージェントが動いてくれました.早速,停電テストをしてみたところ,設定どおりに自動シャットダウンしてくれました.(※ソースからコンパイルするので,その辺ができる人向けのようです.g++やusbライブラリを入れる必要があります.)

これで,次の停電時,サーバは自動シャットダウンしてくれる事でしょう.今さらながらですけど.

※4/24追記
その後,動作をみたところ,見事にメモリリークしており,使用を断念しました.ソースを直せば良いのですが・・・,デバック用UPSがないので,あきらめです.

※4/24修正
すいません.誤記です.デストリは,Debian etchではなく,Debian lennyでした.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/04

NIC2枚とDebian LinuxでBonding

NIC2枚とDebian LinuxでBondingによる冗長化と負荷分散を試してみました.設定はmode=6のbalance-albです.こちらの説明によると負荷分散と耐障害性を提供し,一般的なネットワーク機器で動作可能とあります.

結果,ネットワーク利用時-proxyサーバ-の体感速度がかなり向上しました.特に,音切れや遅延が発生していたskypeのproxy接続で顕著な改善を感じました.定量的な評価はしていませんが,なかなか良い感じです.

Win系でもNIC2枚以上で実装するチーミングがありますが,NICドライバに大きく依存してしまい,ベンダが対応ドライバを出していないと使えません.また,異種メーカ混合でチーミングすると・・・,なかなか大変でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »