« NIC2枚とDebian LinuxでBonding | トップページ | 電気のお話 »

2011/04/09

Debian lenny と OMRON Simple Shutdown Software

4/7の地震と停電で今さらながらに悟りました.UPSでのサーバ-Debian lenny-の自動シャットダウンは必須であると.

手元のUPSはOMRON社製で,同社のLinux用シャットダウンソフトSimple Shutdown Softwareが利用できます.ただ,これはCentOS用なので,使っていませんでした.また,あまりUSB接続を信用していなかったのもあります.

今回,そんなことを言っていられませんから,同ソフト付属マニュアルの「CentOS 以外のディストリビューションで使用する場合」の項を読みながら,その通り※に実行しました.そして,あっさりUSB接続でUPSが認識され,エージェントが動いてくれました.早速,停電テストをしてみたところ,設定どおりに自動シャットダウンしてくれました.(※ソースからコンパイルするので,その辺ができる人向けのようです.g++やusbライブラリを入れる必要があります.)

これで,次の停電時,サーバは自動シャットダウンしてくれる事でしょう.今さらながらですけど.

※4/24追記
その後,動作をみたところ,見事にメモリリークしており,使用を断念しました.ソースを直せば良いのですが・・・,デバック用UPSがないので,あきらめです.

※4/24修正
すいません.誤記です.デストリは,Debian etchではなく,Debian lennyでした.

|

« NIC2枚とDebian LinuxでBonding | トップページ | 電気のお話 »

コメント

あれ?PC98ノートが最強なんじゃなかったっけ?笑

投稿: ocr | 2011/04/11 20:33

はい!当時は!!(笑)

投稿: A.Saitou | 2011/04/24 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68306/51345694

この記事へのトラックバック一覧です: Debian lenny と OMRON Simple Shutdown Software:

« NIC2枚とDebian LinuxでBonding | トップページ | 電気のお話 »