« 今日の練習 | トップページ | 国際ISDN番号 »

2006/06/28

QC七つ道具

時間の余裕がなくなってきたので,苦手のところに注力しようと思います.やっていて眠くなる部分は,ブログを書く方がやる気になります.

QC七つ道具

  1. パレート図=不良品や欠点,クレーム,事故などをその現象別に分類してデータをとり不良品数や損失金額の多い順に並べて,その大きさを棒グラフで表したもの.
  2. 特性要因図=各種仕事の結果である特性とそれを起こす原因となる要因との関係を矢印を使って書き表した図.
  3. チェックシート=データの分類項目別分布を調べるなど要因の系統的整理を行う場合に用いられ,効率よくデータをとるために有効なもの.
  4. ヒストグラム=データの存在する範囲を幾つかの区分に分け,各区間を底辺として,その区間に属するデータの出現頻度に比例する面積を持つ柱を並べたもの.母集団の分布の形などを把握するために用いられる.
  5. 管理図=中心線(CL)と上方管理限界線(UCL),下方管理限界線(LCL)の3つを基本に構成され,これら3つの線に対して採取したデータを順次打点してゆく.同時に必要な事項を記入している図.
  6. 連関図法=解くべき問題は定まっているが,その問題の発生に対する要因群の数が多く,しかも複雑に絡み合っているために,解決の糸口が見つからないような場合,その要因関係を整理して,問題発生に大きく関与している重要な要因を求めるなどのために用いられる方法.
  7. 散布図=2種類のデータ間の関係を問題にする場合,例えば特性と要因との間の関係を調べたり,要因をどのような値にすれば特性はどうなるかなど相互関係を知る必要がある場合に用いる.すなわち対応する2種類のデータを横軸と縦軸にとって打点した図である.

実際のグラフはこちらのサイトが参考になりました.

出典:



|

« 今日の練習 | トップページ | 国際ISDN番号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68306/10706092

この記事へのトラックバック一覧です: QC七つ道具:

« 今日の練習 | トップページ | 国際ISDN番号 »