« 2日間の国民年金 | トップページ | 今日の練習 »

2006/06/30

屋内設備の設置基準

項目 対策
地震対策 通常想定される規模の地震による転倒および移動発生を防止する措置を講ずること.
雷害対策 雷害が発生するおそれのある場所に設置する重要な屋内装置には,雷外による障害の発生を防止する措置を講ずること.
火災対策 重要な屋内装置には,不燃化または難燃化の措置を講ずること.
高信頼度 重要な屋内設備の機器等には,冗長構成またはこれに準ずる処理を講ずること.また,重要な屋内設備の機器等は,速やかに予備機器等への切換えができるものであること.
故障等の検知・通報 重要な屋内設備には,故障等の発生を速やかに検知・通報する機能を設けること.

職業柄,雷害にはよくお世話になっています.一撃で数千万円から数億円のシステムが吹き飛びますから被害は甚大です.例え通り一辺の対策を講じていたとしても,やられるときは,装置すべてが完膚なきまでに破壊されます.大体は保険に入るので何とかなりますが,この辺りの認識の甘い担当者がいると大変なことになります.なお,修理する側にとっては,中途半端に壊れるより全損の方が楽です.雷様,ご考慮いただけると助かります.

|

« 2日間の国民年金 | トップページ | 今日の練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68306/10734575

この記事へのトラックバック一覧です: 屋内設備の設置基準:

« 2日間の国民年金 | トップページ | 今日の練習 »