« 今日の練習 | トップページ | 今日の練習 »

2006/06/21

火事場エンジニア

リンク: 火事場エンジニアの武勇伝に赤信号 - @IT自分戦略研究所.

企業で働くエンジニアにとって納期の厳しさはやむを得ないところがあるとは思いますが、あまりに納期のプレッシャーが強く、それが常態となっているような場合、職場自体に問題がある可能性もあります。そのような職場では燃え尽きだけでなく、うつ病や過労死の危険性も高いので、上司や人事などに相談しましょう。それでも改善されないなら、転職を考えるのも自己防衛のために必要なことだと思います。

恐ろしく的を得たコメントと感じます.特注システム開発に携わっていると,これは真実以外のものではありません.山の後に休みがあれば良いのですが,1年も厳しい状況が続くと廃人状態になります.この間に失うものは多いです.知人や友人とも疎遠になりますし,仕事以外の能力も大幅に失われます.二度とこんな経験はしたくないものです.「よい仕事には食事と睡眠と遊びを!」

|

« 今日の練習 | トップページ | 今日の練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68306/10624093

この記事へのトラックバック一覧です: 火事場エンジニア:

» Re:火事場エンジニア [PSVのまた〜り日記]
A.Saitouさん(runaway.air-nifty.com)のところより。 最新データで見る「エンジニアのキャリア事情」 第28回 火事場エンジニアの武勇伝に赤信号 Tech総研 2006/6/22 火事場の何とやら。非常事態では気合いで普段の何倍もの集中力を出せるが、それが終われば反動がくる。自己犠牲型、負けず嫌い型、孤軍奮闘型それぞれの「燃え尽き」にどう対処すべきか。 自己犠牲型、負けず嫌い型、孤軍奮闘型の全パターンを経験した事があるような気がしますが、何か? 数週間どころか、数年単位で燃... [続きを読む]

受信: 2006/06/22 17:25

« 今日の練習 | トップページ | 今日の練習 »