« 休日の自宅サーバ構築 その1 | トップページ | 休日の自宅サーバ構築 その3 »

2005/07/03

休日の自宅サーバ構築 その2

 素直に楽しめます、玄箱。Vine化してntpd、ssh、samba、apacheを入れて、自宅サーバ復活。淡々と進むと思ったのですが、ntpdで時刻同期が安定せず、かなりはまりました。ググってみると、玄箱のカーネルにバグがある場合と、粗悪品RTC用発振水晶をつかっている場合があるらしいことがわかりました。

 そういえば、玄箱付属のVer1.01カーネルでVine化していました。泣く泣く初期化後、Ver1.02にアップデートしてVine化してみました。結果、下のような感じで安定しました。不安定の時は、Pollがずっと64で、15分に1回の割合でsyslogへ「synchronisation lost」が出て同期を失っていました。15分に6秒ずれていたのが原因です。こういったところは楽しいですね。→玄箱


remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
+210.173.160.27 210.173.160.86 2 u 779 1024 377 12.792 0.332 0.270
+210.173.160.57 210.173.176.4 2 u 726 1024 377 12.836 -0.459 0.365
*210.173.160.87 210.173.160.86 2 u 729 1024 377 12.789 -0.020 0.407

 なお、同期先のntpサーバは、http://www.jst.mfeed.ad.jp/を設定しました。(福岡大は負荷が集中しているので止めましょう。)

|

« 休日の自宅サーバ構築 その1 | トップページ | 休日の自宅サーバ構築 その3 »

コメント

なぜにVine?
最近うちの研究室ではPlamoが主流です。

投稿: ud | 2005/07/03 00:47

玄箱ですからVineです。PlamoってPowerPC系のバイナリでてましたっけ?

http://www.yamasita.jp/linkstation/

投稿: A.Saitou | 2005/07/03 12:30

PowerPCか。
選択肢少ないね。
Plamoは出てたかな?
よく知らないです。

投稿: ud | 2005/07/03 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68306/4804176

この記事へのトラックバック一覧です: 休日の自宅サーバ構築 その2:

» サーバ [パソコン図書館]
サーバサーバ(server)は「(サービスなどを)提供するもの」の意味であり、次の意味で使用される。(広義)広く、何がしかの提供をする人や機器。召使い等やビールサーバ(生ビールを注ぐための装置)など。(狭義)コンピュータネットワーク上にて、コンピュータを利用したサービスを提供するもの(後述)なお、発...... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 23:33

« 休日の自宅サーバ構築 その1 | トップページ | 休日の自宅サーバ構築 その3 »