« 休日の自宅サーバ構築 その0 | トップページ | 休日の自宅サーバ構築 その2 »

2005/06/30

休日の自宅サーバ構築 その1

 挫折。5年間、片時も停止させずに動作していたVIA EPIA-V533がお亡くなりになりました。自宅サーバの要だったので・・・、ちょっと痛いです。OSを入れ替えるためデータを抜き出していたので、ハードだけで済みました。(最後のshutdown -h nowがトリガを引いてしまったみたいです。)
CIMG0120
 めげずに、以前購入して手付かずだった玄箱をハックしようと思います。シクシク。

|

« 休日の自宅サーバ構築 その0 | トップページ | 休日の自宅サーバ構築 その2 »

コメント

足は大丈夫かい?
ってダメだから休んでるんだろうけど・・・(^^ゞ
ここんとこ無理してたみたいだから、せっかくの機会だしゆっくり休んでくださいな。

Cyrix III -533ですか?
ご愁傷様です。
まぁ、5年間も働きっぱなしだったら元はとれたんでないの!?
でも新しいの?を組み立てなおさないとならないのは手間的に痛いですよね。

私が家で使ってるメインPCはC3-933なノートPCって知ってましたっけ?

そういやC3後継でC7が出るみたいですね。
当分先のようですけど。

投稿: ud | 2005/06/30 22:42

 季節を問わず常時運用していたので、確かに寿命かもしれません。サーバ用マザーでもないですし。結局、玄箱をVine化して、samba、ntpd、sshd入れたので代用品はできました。(中々楽しいです。-->玄箱)

 それにしても、C3単体販売を見なくなりましたね。工業用エンベデットはよく見ますが、民生用は・・・。VIAのEDENシリーズは続きそうですけど。

 C3-933なノートはレアですね。一部のマニアに受けそう♪OSはLinuxかBSD系ですよね?

投稿: A.Saitou | 2005/07/01 06:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68306/4773587

この記事へのトラックバック一覧です: 休日の自宅サーバ構築 その1:

« 休日の自宅サーバ構築 その0 | トップページ | 休日の自宅サーバ構築 その2 »