« 今日はDOWN | トップページ | 年度末デスマーチ »

2005/02/26

マルチキャスト時のスイッチ動作

 同じデータ通信プログラムで、ユニキャストUDPとマルチキャストUDPを比較すると、どうもマルチキャストの方がぎこちない動きになります。ユニキャストは送られたデータを淡々と送り届けているのに対して、マルチキャストは一度大きめのバッファメモリに貯めておいて一気に流し込むような感じです。動画としてみるとぎこちない感じになってしまいます。

 原理的に関係ないはずなのですが・・・、GIMP SnoopingとSTPが絡んでいると厄介なので、切り分けしてます。他の落とし穴にはまっている可能性が大いにありそうです。(それともインテリジェントL2SW性能の限界か?!)

|

« 今日はDOWN | トップページ | 年度末デスマーチ »

コメント

よく考えてみたら、L3SWがあるのにわざわざL2SWでIGMPさせる必要なんて無いんですよね。IGMP自体L3プロトコルですから、マルチキャスト対応ルータ/L3SWにやってもらえば良いわけで。これでいけるかなぁ~♪

http://www.allied-telesis.co.jp/support/list/switch/8424xl_tx/m000513b/overview_30IPMU_50IGMPSnooping.html

投稿: A.Saitou | 2005/02/26 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68306/3078375

この記事へのトラックバック一覧です: マルチキャスト時のスイッチ動作:

« 今日はDOWN | トップページ | 年度末デスマーチ »