トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004/12/30

冬休みの自由研究

041230_1528001 今回の冬休み自由研究は RDB です。個人的にはiniファイルやcvsファイル管理が好きなのですが、扱うパラメータが膨大な量に達すると手に負えなくなってきました。特に製作途中の仕様変更が日常茶飯事となってきたので、まとめてデータベース管理にしてしまおうと言うわけです。小規模なアプリならiniファイル&csvファイルでOKなので、ターゲットは大規模アプリですね。

 取り合えず、本を1冊購入しました。冬休み中だけで終わるかなぁ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

帰省

041230_0802001

 田舎に帰るとボーっとしてしまいます。やはり、お正月は田舎で餅を食べながら寝ているのが一番?ですね。帰った瞬間から、雪が降り出して・・・いつもの冬です。

 帰省前に携帯電話を購入してしまいました。古い機種だったので1円。「メーカの身にもなってくれぇー!」と問い詰めたい気分でしたが、購入する立場に立つと安い方が良いですね。(爆) 7年ほど、PHS だけで不自由なかったのですが、飛行機や新幹線の予約を携帯でやっている同僚の姿を見続けていると・・・欲しくなってしまいました。地方出張が多くなってくると切実です。PHSの電波はもちろん入りませんから、電話BOXを探すことになります。帰れるか否かギリギリの状況で、日に何本もない地方路線の便を予約するのは中々スリリングです。

 なお、山陰、北陸、東北地方は au が良いです。ドコモは入りません。(シクシク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

サポートも色々ありあり

 仕事柄、サーバ関係のサポートと付き合う事が多いですが、大手や中小に関わらず個人差は大きいです。今日(昨日?)も切実にそんな事を感じました。
 エンタープライズ向けのミドルウェアのサポートですが、購入元大手サポートと今回お願いした会社と比べると・・・。この業界、できる人はやっぱりできます。通常(?)、回答が9割ほど予測できいる状態で、エビデンスを取るために電話しますが、本当に分からない場合は天と地を分けます。
 最近は、モノ品質云々といわれる事が多いのですが、(特に企業向け用途では)最重要の品質保証は「人」だったり・・・と思う日々この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

転職か否か

 2005年4月で某メーカ入社5年目に突入しますが、このまま自分にとって過酷な仕事を続けてよいものか、考え込んでしまう日々このごろです。残業100h前後が半年以上も続くと・・・。今後も改善するどころか悪化の一途をたどる見込みです。特に最近はがんばって仕事をこなしても「残業が多い!」と怒られる始末です。(T-T)
 後々の展開をこのページへ掲載していきます。さて、どうなりますか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカ

 BOSEMediaMate II 。これも2004年3月に1万3000円で購入しました。前作が6万円前後でしたから安くなったものです。音質は文句ナシです。
 ただ、ピンジャックの作りがイマイチで少々ガタつきます。ここさえ良ければ花○製品なんですけど・・・。気になる場合は、改造してはんだ直付けが良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mp3プレーヤ

 2004年3月、1999購入のmp3プレーヤが故障&修理不能に陥ったため、iRiverIFP-190TCを購入しました。ここ数年の一押しです。ただ、付属のインナーフォンは低音がちゃんと出ないので、オーディオテクニカATH-CM7TIを後付けで買っています。本体価格≒インナーフォン価格だったのは気のせいです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/05

換気扇の調整

 換気扇を回すと開閉口が開きっぱなしになる現象に業を煮やし、原因究明を試みた。
 カバーを取り外し、動きの鈍くなっている部分を確認したところ、塵と埃が稼動部分に固まっていた。除去するには物理な危険を伴うため、556を吹き付けるだけの応急処置を施した。
 結果、快適な換気扇動作が復活した。本件は、障害→原因究明→処置 とスムーズに進んだ。仕事もこのように片付けば・・・と思う次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しい時のwebページ

忙しくなってくるとwebページを作るのが苦しくなってきます。wikiとblog便利な方を使ってみようととりあえず始めてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年1月 »